スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋画 『最低で最高のサリー』

『最低で最高のサリー』 The Art of Getting By 아트 오브 겟팅 바이

   

  2011年アメリカ映画

  監督 ギャヴィン・ウィーゼン

  出演 フェレディ・ハイモア エマ・ロバーツ






最低で最高のサリー YAHOO

띍믟궳띍뛼궻긖깏_






最低で最高のサリー NAVER

띍믟궳띍뛼궻긖깏__NAVER

※画像は見やすいようにトリミングしました






ネタバレあり













★★★☆☆


原題タイトルと日本語のタイトルがどうしてこうも違うのか・・・

ネットで出回ってる中二病って単語が正確にはどのように使われてる単語なのかよく理解してないんですが、

なんとなく中二病をこじらせた主人公の成長の記録、みたいな映画でした。

嫌いじゃないけど好きでもない。普通の映画でしたねーー。

ただ、もっと若い時期に見たら、絶対共感する部分はありますね。

「人は必ず死ぬ、だったら何もしなくても結局一緒じゃない?無駄無駄無駄―」

みたいなすね方、ひねくれ方、思春期の悩みって、自分でも経験有ります。

小さなことにくよくよして、未来に希望が見いだせなくて、

今生きている時間を大事に思えないっていうか。

未来が今と続いていることを実感できてないんですよね。



そんな主人公が、学園で最高にHOTな女の子を助けて、

その女の子がきっかけで新たな友達ができて未来が開けて、女の子にも惹かれていく・・・

無気力だった自分が、いつの間にか未来に向けて頑張っていく。


あーーーもう!

自分が思春期の時期に見たら、身悶えするほど主人公に感情移入できたんじゃないでしょうか。

でも残念ながら現在の自分は、映画に出てくる大人同様主人公を応援する立場に立ってしまうのでした。

サリーは。。。かわいいのかな?小悪魔なのかな?最高なのかな?最低とまでは言えないような?

ラスト近くのキスのシーンはなんかキュンとしちゃいました。

キャストが良かったのと映画の雰囲気や音楽もマッチしていて、とても感じのいい映画でした。





あらすじ


中二病をこじらせた主人公の成長の記録




最低で最高のサリー [DVD]最低で最高のサリー [DVD]
(2012/06/22)
フレディ・ハイモア、エマ・ロバーツ 他

商品詳細を見る






ブログランキングに参加しています。

応援の猫パンチ&キックお願いします




banner.gif


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。