スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国映画 『님아,그강을 건너지마오(あなた、あの川を渡らないで)』




韓国のドキュメンタリー映画。

実はまだ観ていないんだけど、友人におすすめされた映画の一つで、韓国では大ヒットを記録したらしい。
あらすじを読んでみたら…

あらすじだけで涙が(TOT)



あらすじ

『私たちは76年目の恋人です』

小さな川が流れる江原道フェソンのこじんまりした村で暮らしている89歳の少女のようなおばあさんと、ロマンチストな98歳のおじいさん。


二人はどこに行くにもきれいな色のおそろいの韓服を着て、必ず手をつないで歩く老夫婦。



春は花を摘みお互いの頭に挿し、夏は川のほとりでバタ足、秋は落ち葉を掛け合いいたずらし、冬は雪合戦をする新婚のように仲の良い白髪頭の老夫婦。



成人した子どもたちはみんな都会へ行ってしまい、二人支え合って過ごしていたある日、おじいさんがかわいがっていた犬の“コマ”が死んでしまう…。
コマを埋葬して一緒に家に帰ってきた後から、段々とおじいさんの気力がなくなっていく。


雨が降る中庭、頻繁になっていく咳の音を聞いたおばあさんは、友人も失い、一人ぼっち残った犬を眺めて、間もなく近づく別れの準備をする…




私の訳なので間違いがあるかも。韓国語ができる方は、Daum映画でご確認ください


あらすじ→daum映画




観たら絶対泣くと思う…。

どちらかが先に死んでしまうことなんて想像したくないけど、お別れの時はいつか必ず来るんだよね…







シデクではシプモ(義両親)は土葬することが決まっていて、アボジが亡くなった時にオンマが隣にはいれるよう、お墓の場所を空けていた。

今はアボジだけ眠っているこんもりしたお墓を見たとき、もしオンマが死んでしまったら、アボジとオンマで2つのお椀をひっくり返したようなお墓ができるのだなと思ったら、死んでからは一緒の場所にいられない韓国のお墓のことを少し寂しく感じた。
わたしだったら、少しも離れていない場所に一緒に埋めて欲しいなって。


その後だいぶ経ってから、ksにお墓をどうしたい?って話したことがあって。

もし土葬して欲しいんだったら韓国にお墓を準備しないといけないし、まずどこの国に埋葬して欲しいかも決めておかなきゃならないからね。

そうしたら、

『後で残された人が自分のことを考えて寂しい気持ちになって欲しくないから、お墓とかは作って欲しくない。火葬して、灰は海にばらまいてほしい。』

そう返事が返ってきて、死んだら一緒にいられないんだとわんわん泣いた。

死んだら一緒にいられないのなんて当たり前かもしれないのに、私の考え方が変なんだよね…



なんでこんなこと話してんだ(^_^;)。。。





他にも、国際市場もおすすめされたので観てみようと思います。

観たら感想を残しておこう。







*****************************



先日、日本語字幕付きの韓国映画を二人で見てたのです。


すると突然ksが、

『おれ、日本語字幕読んでたー( ゚д゚ )』


ええΣ(゚Д゚)


たまに話してる韓国語も変だし(-_-;)
そして変だと韓国人からも指摘されるし(^_^;)

だいぶ日本に慣れてきてるうちの旦那様なのでした。





2つのブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけたら嬉しいです(*^_^*)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ご訪問ありがとうございます!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。