スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道のスキー場でお得に宿泊~道内在住者向け~

本格的なスキーのシーズンに突入しましたね(*^_^*)

各地のゲレンデも人で賑わっているでしょうか。

今年は大荒れの天気→翌日好天&高気温というのの繰り返しで、ミルフィーユ状の雪&氷の為、家の雪かきにも四苦八苦しております(*´Д`)

ゲレンデ状態の状態はどうでしょうね。





さてさて。

北海道にはたくさんのスキー場がありますが、北海道はおっきいどう!のキャッチフレーズの通り、日帰りで行くにはスキー場までが遠く、到着したものの滑る時間が少なくて残念だと思うことも多いのではないでしょうか。




若い時は深夜発のスキーバスで新潟や長野のスキー場まで行っていましたが、私たちはもう若くもないので、出来れば一泊して温泉でゆっくりしたいと思うように(*´∀`*)←


そんなわけで、道内在住者向けの1泊2日リフト券付きのプランが出ているお得なスキー場をピックアップしてみました。


道外の方は旅行会社さんのツアーで来るのが一番安いと思います。飛行機往復、2泊3日でリフト1日券&レンタカーも付いてで3万とかあるそうです。友人がそれで来てたんですが安すぎー(・o・)


※画像は各ホテル・スキー場のホームページよりお借りしました



まず、

富良野プリンスホテル

富良野プリンスホテルHP



12/23~3/22
リフト一日券 ¥4900-

最長滑走距離:4000m
最大斜度:34度
標高:1209m
ボトム:245m
 ※標高差:964m





アクセス
住所:〒076-0034 北海道富良野市北の峰町18-6
TEL:0167-23-4111
FAX:0167-22-3430

車で札幌から約2時間20分(143km)
  旭川から約1時間25分(60km)

旭川空港から約1時間(45km)
新千歳空港から約2時間5分(103km)


今回、宿泊+リフト券で探してみたところ、一番驚いたのがこのホテルのプラン。


電話予約限定ですが、
1泊2食+リフト一日券付きで大人1名¥10,000-

HPでは記載のないこのプラン、どの日にちでも料金が変わらないそうなので、ものすごいお得感じゃないですか?


そう思って早速予約しようと電話したら、希望日はすでに満室でした(-_-;)

シーズン中に一度は行ってみたいなぁ♪

ちなみに、道新の広告欄で見つけました↓








次は、


ニセコアンヌプリ



ニセコアンヌプリHP



12/13~3/22
リフト一日券 ¥5000-
ニセコ全山共通一日券 ¥6400-

最長滑走距離:4000m
最大斜度:34度
標高:1156m
ボトム:400m
 ※標高差:756m



アクセス
住所:〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ485
TEL:0136-58-2080
車で札幌から約2時間(110km)
  小樽から約1時間30分(60km)

新千歳空港から約2時間(110km)




ニセコと言っても、『ニセコアンヌプリ山』の裾野へ4つのスキー場があります。


・ニセコアンヌプリ国際スキー場

・ニセコグランヒラフスキー場

・ニセコHANAZONOスキー場

・ニセコビレッジスキー場


上記4つをまとめて『ニセコユナイテッド』と言うそうです。



外国人に人気のスキー場ですが私の中での印象は、


アンヌプリ→比較的日本人やファミリーが多い。アウェー感は少ない。


グラン・ヒラフ→オーストラリア人が多い。アウェー。

HANAZONO→ボーダー向け。ヒラフから連なっているので、やはり豪人が多い。アウェー。

ビレッジ→ヒルトン宿泊者であろう大陸系の方が多い。アウェー。





もしニセコで宿泊を考えてて、道内在住者で札幌圏の方ならシィービーツアーズから出ている宿泊バスパックがお得なのではないでしょうか。


というのも、
〈往復バス代+1泊2食付+ニセコアンヌプリ8時間券〉で調べると、
 

 ・ニセコいこいの村宿泊の場合 
   大人二名一室 \15000~¥18000-(日にちにより料金異なる)


 ・ニセコノーザンリゾートアンヌプリ宿泊の場合 
   大人二名一室 ¥17000~¥24000-(日にちにより料金異なる)


 ・オーベルジュ・ド・ふらいぱぁん宿泊の場合 
    大人2~4名一室 ¥14500~¥15000(日にちにより料金異なる)


シィービーツアーズ
http://www.cb-tours.com/skipackage/niseko2014_02.html
TEL:011-221-1122


ニセコは食事できるところも外国人が好きそうなお店が多いので、温泉+和食ならこういったプランを利用するのも手かも。





最後に、


ルスツリゾート



ルスツリゾートHP




12/13~3/14
リフト一日券 ¥5500-


最長滑走距離:3500m
最大斜度:40度
標高:994m
ボトム:400m
 ※標高差:594m





アクセス
住所:〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
TEL:0136-46-31111
車で札幌から約1時間30分 ※札幌⇔ルスツ間無料バスあり
  ニセコから40分

新千歳空港から約1時間50分


ルスツの魅力は札幌から無料バスが出ている点!
ルスツリゾート利用者は前日17時までの予約でバス利用が無料になります。

雪道の運転は色々と怖いし、帰りもバスの中で眠って帰ってこれるので安全&楽ちん。

そして、旧館利用にはなりますが、一泊朝食付き、リフト券は滞在券で¥8000~¥20900(日にちにより料金異なる)

つまり、一泊二日の日程なら、2日間滑れて、もちろんナイター利用も可!

お得!

実はこのルスツのプランは何回も利用しています。6人で利用したらお部屋をアップグレードしていただいたりとラッキーなこともありました♪

旧館は確かに狭いし汚いけど、スキー場の近くの宿ってそんなに綺麗なところは少ないので、私たちには許容範囲です!
というか、お値段を考えると文句は言えない(笑)

朝食も、いくらが食べ放題だったり朝食会場が複数あったりと、とにかくコスパが良いこのプランは本当におすすめです(*´∀`*)


旧館利用でお得にスキープラン







トマムも一度は行ってみたいんですが、初級者向けのゲレンデらしく、あまり面白くないという友人の意見で、なかなか行く機会がありません。
ファミリーならいいのかなぁ。

でもいつかは行って雲海テラスが見たいです!←スキーじゃないね(^_^;)




旅行会社の回し者みたいなブログになりましたが、どなたかの参考になれば幸いです(*´∀`*




今年はどこのスキー場に行こうかな~♪







2つのブログランキングに参加しています。

ポチッとしていただけたら嬉しいです(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





ご訪問ありがとうございます!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。